オレアアスファ水

プロが認めた新環境衛生消臭・除菌水

「オレアアスファ水」を緊急入荷!

 

限定入荷のため、即日完売が予想されます。

今すぐお問い合わせください。


オレアアスファとは

食品添加物認定の次亜塩素酸ナトリウム(NaC1O)と希塩酸(HC1)を記者くっ混合し、中性領域にpH調整した微酸性次亜塩素酸水(HC1O)です。

従来の殺菌剤である次亜塩素酸ナトリウムはアルカリ性であるため、手荒れ・漂白・臭いなど人体に影響を及ぼす恐れがありますが、オレアアスファ水は中性領域に安定させることにより、人体や環境に優しく、無害な除菌消臭水となります。

 

オレアアスファ水の特徴

【中性領域で生成】
pH6.8〜7.0の中性領域で生成しているため、人体・動物・環境に優しく、無害な水溶液です。

 

【塩素が残留しない】
菌・ウィルス(有機物)と反応すると水に戻る性質を持っているため、塩素が残留せず安全にお使いいただけます。

 

【空間噴霧で空間除菌】
安全性が高いため、他塩素系商材では難しい、人がいる場所での空間噴霧が可能です。

空間に噴霧することで周囲への感染や悪臭の広がりを阻止します。

 

【短時間で強力除菌・消臭】
浸け置きしなければならないアルカリ性の塩素系商材に比べ、80倍の速さで有機物を分解するため、除菌・消臭に効果があります。

 

商品概要

原料 次亜塩素酸ナトリウム(厚生労働省認可食品添加物殺菌料)
希塩酸(厚生労働省認可食品添加物)
ろ過水
pH濃度 ほぼ中性(pH6.8〜7.0)
濃度 100ppm(一般的に使用)
200ppm(ノロウイルス吐瀉物処理用に使用)
用途 除菌・消臭
分類 一般雑貨

 

医師による試験・調査

川越耳化学研究所クリニック院長の坂田医師に、下記試験・調査を実施していただきました。

画像

従来の塩素商材との違い

遊離有効塩素の存在比

オレオアスファ水は中性領域に安定させているため、有機物の分解力に優れている次亜塩素酸分子を多く含んでいます。

次亜塩素酸ナトリウムを主成分とするアルカリ性の塩素商材は、次亜塩素酸ナトリウムを多く含みます。

画像

次亜塩素酸分子と次亜塩素酸イオンの違い

次亜塩素酸分子と次亜塩素酸イオンは、感染や悪臭の原因となる有機物を分解する際のメカニズムが異なります。

オレアアスファ水の成分である次亜塩素酸分子は有機物にぶつかるとその細胞膜を透過し、内側から分解します。

それに対し次亜塩素酸イオンは細胞まうにくっついて外側から分解していきます。

(下図はオレアアスファ水と一般的な除菌剤の次亜塩素酸ナトリウムを比較したものです。)

画像

使用用途

多種多様な場所で大活躍

オレアアスファ水は人体への影響が無害である等、安全性の高さから様々な場所に導入いただいております。

噴霧器やボトリング商材を用いて、幅広い使用目的や場所でご使用いただけます。

 

<保育施設>

・インフルエンザやノロウイルスの感染対策

・飲食前の手指洗浄

 

<老人ホーム>

・インフルエンザやノロウイルスの感染対策

・嘔吐物処理液として

 

<遊技場>

・タバコの消臭

・お客様の手指洗浄用

 

<ペット関連>

・排泄物の消臭

・動物臭の消臭

 

<企業>

・喫煙ルームの消臭

・従業員様の感染対策

 

<飲食店>

・調理器具の除菌

・テーブル等の清掃

 

<宿泊施設>

・お部屋の消臭対策

・清掃全般

 

<スポーツ施設>

・汗の臭い対策

・タムシ等の感染予防

 

<警察署・消防署>

・署内の感染対策

・救急車内の嘔吐物処理

・消臭感染対策

 

お急ぎの方はお電話で
03-3265-0411