話題の次亜塩素酸水。危険?安全?調べてみました。

2020/06/16
話題の次亜塩素酸水。危険?安全?調べてみました。

新型コロナウィルス対策として、消毒液不足の中で脚光を浴びていた次亜塩素酸水ですが、
経済産業省や文部科学省などで、次亜塩素酸水噴霧を行わないようにと通達がありました。
それ以降相次ぐメディアの報道により、次亜塩素酸水は危険で効果のないものとされてしまっています。

当社でもコロナウィルス対策として次亜塩素酸水が入荷していますので、詳しく調べてみました。

 

国の公式発表では?
 

まず国の公式発表(NITE 独立行政法人製品評価技術基盤機構の発表)を見てみると、そのような評価はされていません。
公式発表はこちら

報道では「次亜塩素酸水」と「次亜塩素酸ナトリウム」が同じようなものとして扱われていますが、この二つは違うものです。

実際に、国が注意喚起を呼び掛けているのは「次亜塩素酸ナトリウム」いわゆるハイターなどの噴霧についてです。「次亜塩素酸ナトリウム」を薄めたものと「次亜塩素酸水」を混同する方が多いとして、メディアが危険として報道しているのです。


NITEのQ&Aでも下記のように書かれています。

Q:
「次亜塩素酸水」と「次亜塩素酸ナトリウム」は同じものですか?
A:
違うものです。
「次亜塩素酸ナトリウム」は、塩素系漂白剤などの主成分として用いられるアルカリ性の物質で、従来から新型コロナウイルスの消毒に使われています。「次亜塩素酸水」は、電気分解などの手法で作られる酸性の液体で、新型コロナウイルスへの有効性については、現在検証中です。

 

Q:
「次亜塩素酸水」は、新型コロナウイルスに効果がないのですか?
A:
「次亜塩素酸水」の新型コロナウイルスに対する効果については、検証試験が継続中であり、まだ結論は出ていません。
現在、効果の検証作業を、関係機関の協力を得て進めているところです。塩素濃度や酸性度(pH)等の条件によって効果が変化しうるため、評価にあたっては、様々な条件での検証を行う必要があります。
今までのところ、新型コロナウイルスに対して一定の効果を示すデータも出ていますが※、2020年5月29日現在、全体として有効性評価を行う上で十分なデータが集まっていないことから、委員会において、引き続き検証試験を実施することとされました。今後、早期に結論を得ることを目標に、検証作業を続けてまいります。

※塩素濃度49ppm(pH5.0)で、20秒で感染力を1000分の1まで減少させた例がありました。


新型コロナウイルスへの有効性については、現在検証中となっていますが、北海道大学などで、新型コロナウイルスを用いた試験を行っており、これによると次亜塩素酸水(PH5.5、40ppm)の新型コロナウイルスが30秒で不活化されたという発表もあります。

北大研究グループが第二弾発表 「次亜塩素酸水」のウイルス不活

 

次亜塩素酸水は生成方法により塩素濃度やpHが異なる


次亜塩素酸水には様々な生成方法があります。液体だけではなく粉末のもの、塩素濃度やpHの値も生成方法によって違います。

また、そのまま使っても人体に安全とされる50ppmから、そのまま使うことは危険な400ppmや希釈タイプのものもあります。高濃度の次亜塩素酸水は、ノロウィルスなどを除菌するためやトイレやお風呂のカビ取りなどに用いられます。

ppmというのは塩素濃度のことですが、高濃度のものを噴霧したり、手指に使うことは大変危険です。

次のような次亜塩素酸水は使用を控えるのが良いでしょう。

・その商品を使った安全性試験を行っていない商品。
・pHの表記がない次亜塩素酸水。
・pHが安定しない商品。
・製造元の明記がない商品。
 
塩素濃度が100ppmを超えるような高濃度の次亜塩素酸水は手指の消毒など、人体に使わないようにしましょう。

また、しっかりと第三者機関などで安全性試験を行っている老舗のメーカーなどもあります。NITEでも引き続き検証試験を実施されています。

当社に入荷している次亜塩素酸水を見てみると、メーカーがしっかりと安全性試験を行い、今回の新型コロナウィルス騒動の前から病院や保育園、自治体、会社などで用いられて来たものです。

「有効性が確認されていない」ということは、次亜塩素酸水に効果がないというわけではありません。
次亜塩素酸水はこれまでノロウィルスの殺菌などにも使用されてきたほどの強い殺菌力を持つ製品でもあります。
梅雨の時期に入り、食中毒などの対策にも気をつけなければならない時期ですので、消毒薬として有効な製品をむやみに排除せず、pHや製造元、説明をしっかりと確認して安全なものを手にとっていただきたいと思います。