一般的なマスクとウイルス対策用マスクとの違い

2020/03/11
一般的なマスクとウイルス対策用マスクとの違い

新型コロナウイルスの影響で、マスクや消毒薬などが手に入らないことから、「手作り布マスク」などが人気になっています。

さらには、経済産業省からマスク製造の打診を受けた企業が、次々とマスク製作を開始していますが、果たしてこれらのマスクは「新型コロナウイルス対策」として有効なのでしょうか。

その一方で、マスクは効果はない、手洗いうがいの方が効果がある、など様々な情報が出回っています。

確かに、医療用のマスクでさえ、完全にウイルスをシャットアウトできないのに、「手作り布マスク」にどれだけの効果があるのかは疑問に思うところではあります。

ところで、当社には、このところ一般的なマスクの入荷はほぼありませんが、高機能マスクの入荷が時折あります。
通常であれば一般的なマスクよりも価格が高いため、必要とする現場への供給がほとんどなのですが、マスク不足の今は一般の会社からも注文が入ってきます。
そうは言っても高価格帯のマスクにはなかなか手を出しにくいものです。
そこで、一般的なマスクとウイルス感染予防のマスクがどう違うのか調べてみました。

 

一般的なマスクとウイルス対策用マスクとの違い


一般的なマスクとウイルス対策用マスクとの大きな違いは、何ミクロンまでの微粒子をカットできるかにあります。
一般的なマスクは1ミクロンまでの微粒子をカットすることができ、花粉や飛沫・細菌を約99%カットすることができます。

しかしインフルエンザなどに代表されるウイルスは、0.1ミクロン前後と非常に小さな存在です。
一般的なマスクでは、このウイルスをカットすることは、ほぼ不可能だと思われます。

以前、友人が結核で入院していた時に、面会をしたことがあります。
結核は空気感染するため、感染予防のためにN95マスクというマスクを病院の売店で購入し、結核病棟内の面会室で会いました。
このマスクをしなければ面会することはできないのです。
ちなみにN95マスクは息苦しかったような覚えがあります。

空気感染を起こす病原菌は、0.5ミクロン以下の飛沫核となり空気中を浮遊します。
N95マスクは、最も捕集しにくいと言われる0.3ミクロンの微粒子を95%以上捕集できることが確認されているマスクとなります。

結核病棟などで使用されているようなN95マスクですら、インフルエンザウイルスのような0.1ミクロンという小さなウイルスを完璧にカットすることは難しいのです。
ちなみに結核は細菌で、ウイルスではありません。


 

N95よりも良質なN99規格のマスクとは


当社に入荷してきているマスクはN95規格よりも更に良質な「N99規格」で、1万分の1ミリ(0.1ミクロン)の微粒子を99%以上捕集することが可能というマスクです。

高機能マスク モースプロテクション
「モースプロテクション」の特長は、3層構造のサージカルマスクです。
2層目にアメリカで開発された1万分の1ミリ(0.1ミクロン)の微粒子を99%以上カットする特殊フィルター(米国FDA認定検査機関ネルソン研究所実証済)を採用しており、このフィルターには静電気で微粒子を引き寄せて捕集する機能が備わっています。


N95マスクも静電気で微粒子を引き寄せるとありましたが、こちらはそれをより高性能にしたもののようです。
 

マスクだけではウイルス対策効果は薄い


今回の新型コロナウイルスは飛沫感染と接触感染により感染します。
空気感染はしないと言われていますが、閉鎖した空間や多人数での会話等には注意が必要とされています。
新型コロナウイルスはインフルエンザウイルスと同じように0.1ミクロン前後と非常に小さいものです。

医療関係者や接客業など、多数の方と接触する可能性のある方は、一般的なマスクではなくやはりウイルス対策用のマスクをおすすめしたいと思います。
また、テレビなどでもよく医者や専門家が言っていますが、ウイルスが付着した手などで顔を触ることで感染する可能性が大きくなりますので、こまめな手洗いとドアノブや複数の人が触る場所の除菌も大切です。
マスクだけでは、感染予防としては効果が薄いと思われます。
 

花粉対策には一般的なマスクで十分


その一方で、通常の花粉対策や風邪を人にうつさないためのマスクとしては、一般的なマスクや手作り布マスクでも効果はあると思います。
今は花粉の時期です。花粉症の人間にとってはマスクは必需品ですが、それはウイルス対策マスクのような高機能なマスクじゃなくても十分なのです。

私も花粉症持ちなので、普段からマスクはストックしているのですが、手持ちのストックが切れて、マスクが手に入らなくなったら手作りマスクに挑戦しようかと思っています。
願わくば切れるまでにマスクの供給が正常になってくれるように願っております。